セルライトができる原因について
まとめました!

セルライトの落とし方、撃退法まとめ1

YouTubeにあるセルライトに関する動画から、要点だけをまとめて紹介します!

セルライトは脂肪細胞が血管から離れた状態、つまり局部的な循環障害で、その部分の体温が低くなる。

通常、脂肪細胞は血管に隣接し、血液が取り込む中性脂肪や糖を取り込み、エネルギーとして蓄えます。

この蓄えが過剰になるのが「肥満」。

しかし、セルライトは肥満とは違い、脂肪細胞が血管から離れて浮遊し、体温が伝わりにくくなった状態。これがセルライト発生の第一段階。

そしてさらに、浮遊した脂肪細胞に細胞間に溜まった老廃物が付着。徐々に巨大化し、ボコボコ状態に至るのがセルライト発生の第二段階。

こうした脂肪細胞の異常事態を引き起こすのが、冷え性むくみといった循環障害です。

冷え性などの血流低下は血管と細胞間の水分調整に支障をきたし、脂肪細胞を浮遊させやすくしてしまいます。

また、むくみはリンパが滞り、体内の不要な水分や老廃物を排出できない状態。この老廃物が水あかのように付着し、セルライト化してしまう。

つまり、冷えやむくみが起きやすい下半身は、まさにセルライトができやすい環境ということ。

食事制限や運動をしても、一度できたセルライトには効果はあまりない。なぜなら、コラーゲンが関係しているから。

コラーゲンとは肌の弾力を保つ重要な成分。不足すると小ジワを大ジワにもしかねない大切なもの。

実は、このコラーゲンは皮膚の真皮だけでなく、骨や筋肉、脂肪、血管、内蔵、脳など体中至るところに存在し、細胞や組織を固定するクッションの役割を果たしている。

脂肪細胞に関しても同様で、冷えやむくみを引き起こす異常事態が発生すると、コラーゲンを生み出す線維芽細胞が脂肪細胞を固定しようとコラーゲンを放出。

しかも、冷えやむくみを放っておくと、さらに大量のコラーゲンが脂肪組織ごと締め付け、カプセル状にくるんでしまう。これがセルライト進行の最終段階で「完全セルライト」という状態。

この完全セルライトになってしまうと、簡単に解消はできなくなってしまう。

なぜなら、完全セルライトは通常の脂肪細胞よりも固く、大きさも2〜3倍に増大するから。

太ももを見ただけで分かるボコボコのセルライトはかなり進行した状態。

セルライトの中の脂肪細胞は正常な脂肪細胞とは違って、役に立たな脂肪細胞。

コラーゲンのカプセル化が進んだ脂肪組織は窒息した脂肪細胞。しかし、死んでもあまりに強く、大きすぎて代謝されず、体内に巨大で固い老廃物として残ってしまう。

その結果、末梢の血流も低下し、肥満がさらに増殖してしまうという負のスパイラルに。

1つでもセルライトができると、周りの血管を圧迫。血行が悪化し、むくみをひどくさせ、やがて周囲の健康な脂肪細胞もセルライト化してしまう。まさに、ウィルスごとく増殖し、運動しても痩せない下半身を作ってしまう。

さらに、セルライトの悪影響は肌にも表れる。

セルライトは皮膚の下での現象なので、その部分の血流が悪くなり、代謝が悪くなって、皮膚の状態そのものも悪くなる。

これが欧米で嫌われている「オレンジピールスキン(Orange Peel Skin)」の正体。

セルライトのボコボコを指すだけでなく、セルライトが原因で真皮や表皮への栄養が滞り、皮膚が栄養不足になり、太ももがざらついたり、乾燥したり、吹出物が出やすくなったり、たるみが出てきたりすることをオレンジの皮にたとえた症状。

セルライトがある人はもちろん、脂肪をひねってみてもセルライトが出ない人でも、下半身にお肌のトラブルがあれば立派なセルライト予備軍といえる。

エステでセルライトを撃退!

セルライトは目に見えるくらい付いてしまうと、運動や食事制限、セルフマッサージなどをやったとしても、なかなか消えません。

セルライトを本気で落としたいと思っているなら、エステのお試し体験をいくつか受けることをオススメします。

1つでも受ければ、脂肪の塊であるセルライトがだいぶ柔らかくなり、その後のセルフマッサージもより効果が出やすくなります。

セルライト除去を自分でやるとなると、かなりの長期戦になることを覚悟して下さい。そして、消える確率はあまり高くありません。それだけ大きくなったセルライトは頑固なのです。

なので、できるだけエステでプロの施術を受けた方がいいです。

お試し体験だけなら値段もだいぶ安いですからね。

実際、悩んるのはアナタだけではありません。すごく多くの人が悩んだ結果、エステのお試し体験に申し込んでいます。

最近のエステはネット上の口コミ対策として、昔のような強引な勧誘はしませんので、気軽に申し込んで大丈夫デスよ!

エステのお試し体験でセルライトを撃退!
エステ 特徴 時間 価格 店舗数
2014年6月現在
ラ・パルレ
セルライト撃退コース
マシンで脂肪とセルライトを揉みほぐし、EMSで基礎代謝をアップ。血行とリンパの流れを促進して、体内に溜まった余分や水分や老廃物を排出。 70分 19,440円

500円
全国26店舗
エステティックTBC
脂肪タイプ別セレクトシェイプ体験コース
アナタの脂肪のタイプに合わせて一番最適な施術やマッサージ方法を提案。店舗数が多いので予約が取りやすいというメリットもあります。 70分 18,600円

3,000円
全国134店舗
ミスパリ エステ体験
「全身・お腹やせ」「足やせ」「二の腕やせ」「顔やせ」の4コースから1つ選べる。太ももやふくらはぎのセルライトなら「足やせコース」がオススメ。ダイエットモニターも募集中。 - 15,000〜
33,000円

9,000円
全国53店舗
フェイバリックス
セルライト撃退コース
30代〜40代に人気のエステサロン。1万人以上が体験して97.3%の人が1回で痩せたと実感。10キロくらい痩せたい人にオススメ。 60分 16,200円

3000円
全国72店舗
キレイサローネ
サイズダウン定額コース
月に1回5つの痩身メニューが受けられる月額制エステ。月に1度の自分へのご褒美に。 約60分 月額15,980円

初月980円
全国4店舗
全部受けてじっくり比較しても価格は・・・ 合計:
16,480円

セルライトの落とし方、撃退法まとめ2

引き続き、YouTubeにあるセルライトに関する動画から、要点だけをまとめて紹介します!

足がむくんだ状態だと、セルライト1つ1つの大きさ、硬さ、形が把握できないので、マッサージでリンパ液の流れと血流を良くしていく。

セルライトのケア方法はいくつもある。エステティシャンが触りながら適切な手技でケアをしていく。

血流が悪いということは、その隅々の細胞に酸素も栄養素も届かない。老廃物も元に戻ってくれないので、細胞自体もダメージが起こる。

また、脂肪も運ばれにくく、脂肪が体に溜まりやすい体質になり、太りやすくなる。

血流が悪いとセルライトができやすくなる。

セルライトとは太ももやお腹などにできる落としにくい脂肪のこと。血流が悪くなり、脂肪に酸素と栄養が届かなくなると、セルライトができてしまう。

そんなセルライトの原因はコラーゲン。

肥満になると、肥大した脂肪から悪玉ホルモンが分泌され炎症を起こします。すると、コラーゲンが異常に増え、カチカチに固くなります。この状態がセルライト。

コラーゲンには軟骨の衝撃を抑えたり、皮膚の若さを保ったりなど重要なタンパク質ですが、肥満によって大きくなった脂肪細胞のコラーゲンは、増えすぎるとカチカチになってしまう。

セルライトは食事制限や運動では簡単に減らない。大きくなった脂肪に血管が押されてしまい、狭くなっているので、脂肪を燃やそうとしても、脂肪自体が運ばれにくくなっている。

セルライトができてしまったら、エステなどに行ってラジオ波(高周波の電波)などを使った施術が必要になるので、できる前に日頃のマッサージなどのケアが大切です。

セルライトには3つの成長段階がある。

セルライトは目に見えなくても、体内でジワジワと育っている。3つの成長段階を経て、ある日、表に表れてくる。

レベル1・・・脂肪をつまみ寄せるとデコボコする。

そもそもセルライトは皮下脂肪が変質したもの。その脂肪細胞に水分が滞り、老廃物が溜まっていくと肥大化、セルライトに変質してしまう。

その状態がレベル1。普段は隠れていても、つまみ寄せると押し上げられ、その姿を表す。

レベル2・・・前屈をして、内ももの皮膚が伸びるとデコボコが出てくる。

セルライトに老廃物が溜まり続け、より肥大化して皮膚近くまで上がってきた状態。そのため、前屈などで皮膚が伸びて薄くなると出てくる。

レベル3・・・常に皮膚表面にデコボコ出ている。

老廃物が溜まって肥大化し続けてセルライトは、それぞれがくっつき合い、それをコラーゲンが一塊に包み込んでしまう。こうなると、硬くて大きな脂肪の塊が常に皮膚を押し上げ、表面がデコボコしてしまう。

レベル3まで成長させてしまうと、改善するのは至難の業。

ダイエットをしてセルライトを減らそうとしても、コラーゲンでガチガチの脂肪の塊はまともにエネルギーとして燃えないために、そうそう減らない。

また、マッサージで取り除こうにも、コラーゲンで包まれ頑固でほとんど変わらない。長期間続けないとなかなか変化は現れない。

こうなったら、エステで集中的にケアした方がいいかもしれない。

なので、レベル1〜2のうちに自分で手を打つようにする。放っておくと自分ではどうにもならないことに。

おすすめサイト